M’s PT Conditioning

M’s PT Conditioning
活動内容

M’s PT Conditioningの主な活動内容


『パーソナルケア・トレーニング』

病院やクリニックで、「今の痛みは加齢によるものだから仕方がない」や「腰痛なので運動をして下さい」と言われているが、実際にどの様な運動をしたらよいのか分らない人、「40肩だから、無理にでも動かした方がよい」と言われて無理やり動かしたら、余計に痛くなった人に対しての病院で行う以上の治療やコンディショニング。病院でのリハビリを打ち切られているが、もっとリハビリを行いたい人へのサポート。スポーツや部活を行っているが繰り返しのケガに悩まされている人へのケアやトレーニング。美しくあるいはかっこ良い姿勢をいつまでも保ちたい方への運動指導も行います。
M’s PT Conditioningでは、医療保険(病院内では20分が限界)を使ってのリハビリに限界を感じています。
関節そのものの機能を上げるべきもの(リハビリに近い)、それだけではなく、その後のさらなる運動レベルの向上(トレーニングの概念)を行っていかなければなりません。それには、徒手療法(マッサージなど)だけでは改善しません。しっかりと自分自身の身体を自分自身でコントロールできるようにならなければなりません。
そういったことから、もっともっと多くの人に本当の意味での、全身を含めた身体のコンディショニング」を長年の病院・クリニックでの知識と経験を活かして行っていきたいと思っております。
このようなパーソナルケア・トレーニングは、現在ライフティック平塚内にて受け付けております。
いづれも、完全予約制となっております。

水曜日:11:00〜20:00(宮澤担当)
金曜日:10:00〜19:00(芹沢担当)
土曜日:10:00〜19:00(宮澤担当)

料金:30分  ライフティック平塚会員  \3150
     30分  一般の方         \3675
   60分  ライフティック平塚会員  \5250
   60分  一般の方         \6300  (税込)

☆90分、120分のパーソナルも相談に応じます。
☆申し込みの電話番号:0463‐24‐1010(ライフティック平塚に繋がりますので、M’s PT Conditioningのパーソナル希望とお申し付け下さい。)

『インソール作成』

M’s PT Conditioningが提供するインソールとは、既製品のインソールや足形を採って成型するものではなく、実際に足首や足裏にテーピングやパッドを直接あて、その上で歩いたりしゃがんだりして痛みの軽減や自分の動きの違いを感じて、実際に確認してもらいながら作るべきインソールの形を決めてから作成します。インソールを作成する前の段階で、その人の動きを逐一確認しながら評価を行いますので、その場で、自分の動きの違いが確認できます。スポーツシューズなどにはもちろん、普段履きでも靴の中敷きが取り外しのできるものであれば、どのようなシューズにも作成可能です。
M’s PT Conditioningの宮澤は、これまでにあらゆるスポーツシューズ(サッカー、バレー、バスケ、マラソンなど)やシルク・ド・ソレイユなどの舞台用のシューズにも作成をしてきました。かなり正確に作りますので、その場で効果を実感いただけると思います。
作成の所要時間は、1時間30分から2時間程度です。

料金:ライフティック平塚会員   \11,025
       一般の方           \12,600   (材料費、税込)

申し込みの電話番号:0463‐24‐1010(ライフティック平塚に繋がりますので、インソール作成希望とお申し付け下さい。)
『スポーツチームへのトレーナー活動』

M’s PT Conditioningでは、スポーツチームへのトレーナー活動を行っております。現在のサポートチームは、日本体育大学女子バレーボール部や神奈川大学サッカー部。プロゴルファーや学生ゴルファーへのconditioningサポートも行っております。スポーツ整形外科での勤務経験を通して得られたことを、実際のスポーツ現場に活かしております。

日本体育大学女子バレーボール部:関東大学1部リーグ所属
神奈川大学サッカー部:関東大学1部リーグ所属
『箕山クリニック勤務』

都内にあります、箕山クリニック(スポーツ整形外科)でも理学療法士として勤務しております。クリニックに勤務することで、医師との連携や絶えず最新の医療情報も得ることができます。それにより、より適切な情報をクライアントや選手にフィードバックすることができることになります。
『関節運動を考える会』

「関節運動を考える会」は、理学療法士を中心とした勉強会で、M’s PT Conditioning代表である宮澤、が今まで得てきた知識や臨床でのテクニックを若手理学療法士に伝える場となっております。現在では、「関節運動を“基礎”から考える会」として、単発な情報提供になりがちな勉強会でなく、シリーズとして理学療法士として必要な情報を自分で考えられるようなものを考えて行っております。開催情報は、随時HPの最新情報の欄で公開していきます。また、M’s PT Conditioningでは、一般向けの勉強会も考えておりますので、こちらの方もHP上で募集を行っていきます。